• 院長

危険!警告!下剤を飲まない大腸内視鏡検査

最近、下剤を飲まない大腸内視鏡検査を行っていると書いているところが

有ります。

この方法、実は非常に危険なうえに医療行為としては不適切であり保険で

行うことは出来ません。

詳しく解説いたします。

大腸内視鏡検査の時に内服する下剤があります。腸を綺麗にして精度の高い

検査を行うために欠かせないものです。

この下剤を胃カメラを通して十二指腸に注入するという方法です。

患者さんは内服しないので楽に受けられると、その利点を謡っています。

この下剤、実は、ゆっくり内服すべき下剤なのです。当然添付文書にも

一番に警告されています。1時間に1リットル、これで排便がない場合は

慎重に注意しながら内服を継続することと記載されています。一番に

警告されている理由は早く内服することが危険極まりないからです。

急速な内服により急速に腸管内圧が上昇すると腸管破裂をきたす場合が

有ります。この下剤の死亡報告のほとんどがこの腸管破裂です。

胃カメラを通してこの下剤を注入することは急速に腸管内圧を上昇させます。

勿論途中で腹痛や張り、排便の様子など、観察すべきことが全く観察されずに

注入し続けられます。

こうなるといつ腸管破裂が起きても不思議では有りません。

添付文書で警告されている危険な方法をあえて行うことは医療行為として認められません。

これは違法行為です。これで保険請求しているとすれば違法行為、不正請求です。

勿論下剤を注入するために胃の内視鏡を行い、これを保険請求しているならこれも

不正請求です。

この様な危険な方法をその危険性の説明もなく、患者さんが意識のない間に

行うことは到底許されません。最近のいくつかのHPを見て本当に苦々しく

思います。皆さんには危険は勿論、余分な費用負担も生じているのです。

いずれも、どこで内視鏡研修を受けて来たのかというような医師が行っています。

とても内視鏡専門とは思えない医師が行っています。

ある日突然開業と同時に内視鏡の専門家になり、楽にできるということのみを

前面に出して患者さんに訴える。患者さんは楽だから集まる。

被害者は患者さんです。内視鏡の専門家ならこんなやり方は絶対に行いません。

HPをうまく作っただけでは専門家にはなれません。

みんな苦労して内視鏡技術を覚えて研鑽して上達してきたのです。

これはまともな考え方、やり方では有りません。正直申し上げて異常です。

皆様にはこの様な危険なことに惑わされることのないようにその危険性、

違法性について解説いたしました。

#大腸内視鏡検査

2,173回の閲覧

最新記事

すべて表示

新型コロナー大腸内視鏡は安全!?

内視鏡学会の提言でも書かれていますが、内視鏡診療でコロナに感染した例は報告が見られません。だからといって感染対策を疎かにすることは勿論出来ませんが。 胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)ではより慎重に当院でも様々な工夫を行って感染予防を行っているところです。 さて、大腸内視鏡検査に関

内視鏡学会の提言ー検診を含めた内視鏡の再開を

内視鏡学会から新しい提言が出されました。5/29更新。 内視鏡検診を含む通常の内視鏡診療の再開を、と致しました。 その根拠として最近の感染症の動向、また、これまでに内視鏡診療を介した内視鏡従事者及び被検者間の感染は世界的にも報告されていないことが報告されました。 勿論感染症が消失

内視鏡前の追加問診について

内視鏡学会の新しい提言を受けて、内視鏡前すべての方に対して新型コロナ感染症に関する追加問診を行います。 内容は以下の通りです。1.状態に関する項目 ①のどの痛み、咳や痰などの風邪の症状はありますか? ②2週間以内に、37.0℃以上の発熱がありましたか? ③疲れやすい、倦怠感などの