​慈恵医大内視鏡科とは

 

慈恵医大内視鏡科(http://www.jikei-endoscopy.com/index.php)で診療部長、准教授を務めてきました。

検査数は一年で約5万件と非常に数多く行っています。

慈恵医大で今現在内視鏡を行っている医者の中には僕が指導をした医者が数多くいます。

在籍当時一緒に働いていた人が転身していった先は、聖路加国際病院予防医療センター、センター長、

増田勝紀、同僚では虎の門病院消化器内科部長、貝瀬満癌研有明病院消化器内科部長、

内視鏡診療部長、藤崎順子、後輩の日大板橋病院消化器内科教授、今津博雄などが同時期に

在籍し共に研鑽していました。

准教授当時教授だったのは前日本消化器内視鏡学会理事長の田尻久雄先生です。

内視鏡学会のトップを筆頭に、聖路加、虎ノ門、癌研といった日本最高レベルの施設のトップを

出し続けるのが慈恵医大内視鏡科です。

慈恵医大内視鏡科が日本の内視鏡においてどういう存在であるのかお分かりいただけると思います。

その中で診療部長を長年務めてきた経験を最大に活かして、皆様に身近に感じて頂きたいと思っています。

​それが開業した最大の動機です。