消化器内科

大腸内視鏡、胃内視鏡、胆膵疾患に対する画像診断はそれぞれ非常に有用です。

しかし、それだけで全て診断できてしまう程人間の体は単純では有りません。

​症状としては

喉の違和感、食べ物がつまる、胸やけ、嘔気、嘔吐、吐血、胸痛、腹痛、

お腹が痛い、ガスが溜まる、お腹がゴロゴロする、腹満感、背部痛、

胃もたれ、胃痛、下痢、便秘、下痢と便秘を繰り返す、排便で楽になる、

急激な痛み、周期的な痛み、血便、粘液便、下血、黒色便・・・

など

​当院が専門とする疾患

  • 咽頭異常症(のどの違和感)

  • 逆流性食道炎(胸やけがする、食べ物がつまるなど)

  • NERD(内視鏡所見がないが逆流症状がある)

  • 早期食道がん(拡大NBIで内視鏡治療が可能な早期がんを見逃しません)

  • 慢性胃炎

  • ヘリコバクターピロリ菌感染に対する除菌療法(除菌失敗した後の再除菌も)

  • A型胃炎(現在内視鏡学会で症例収集中、経験がないと診断できません)

  • 胃潰瘍

  • 胃がん(内視鏡治療が可能な早期がん発見が重要です)

  • 機能性胃腸症(ピロリ菌陰性で胃もたれ、腹痛などの症状がとれないなど)

  • カルチノイド(癌として扱う腫瘍)

  • 十二指腸潰瘍

  • 十二指腸乳頭部腫瘍(見慣れていないと見逃がしやすい)

↑ここまで、胃内視鏡検査(胃カメラ)での診断が可能です。

​専門的な検査が必要です。

  • 早期大腸がん(腫瘍発見率により大きな差があります。低い発見率では大腸がん死を防げません)

  • 潰瘍性大腸炎(激増しています。治療経験が豊富です。)

  • 過敏性腸炎(下痢型、便秘型、混合型)

  • 感染性腸炎

  • ​便秘

  • クローン病(増加しています。)

  • 虚血性腸炎(腹痛、下血します)

  • 大腸憩室炎(虫垂炎と間違います)

  • 急性胃腸炎

  • 大腸憩室出血(下血します)

  • ​大腸カルチノイド

↑ここまで、大腸内視鏡検査での診断が可能です。

​専門的な検査が必要です。

  • 胆石

  • 総胆管結石

  • 胆のう炎

  • 胆のう腺筋腫症

  • 胆のうがん

  • 肝臓がん

  • 肝硬変

  • 慢性肝炎

  • 慢性膵炎

  • 自己免疫性膵炎

  • IgG4関連膵炎

  • IgG4関連胆管炎

  • 嚢胞性膵腫瘍

  • ​膵癌

↑ここまで、エコーでの診断が可能です。

​専門的な検査が必要です。

​症例経験と最適な治療法

慈恵医大内視鏡科は年間約5万件の内視鏡検査を行っている施設です。

年間5万件です。

そこで長年、診療部長、准教授を務めてまいりました。

圧倒的な症例経験が有ります。

どんな疾患でも多くの経験が有ります。

内視鏡やCTなどで異常がなくとも、体の異常は当然起こります。

専門的な診断を行った後に一人一人に合った、最適の治療法が有るのです。

勿論それは専門的な診断が前提です。

正確な診断なしに正確な治療は出来ません。

その後に現代医学の画像診断では分からない部分が有るのです。

それには一人一人の生活環境や、性格などを知った上で最適な治療法を探して行く必要が有ります。

診察室も広く、椅子にもゆったりと座って頂けるようにしています。

​まずは、ゆっくりお話をして頂ければと思います。

一人一人の不調から最適な薬物療法を含めた治療法を追求いたします。