• 院長

大腸内視鏡の成功率は100%(3913件、2020年03月30日現在)

*2017年9月に開院以来大腸内視鏡検査を

3913件に行って参りました*

大腸内視鏡検査は全大腸の観察を目的に行われます。

従って一番奥の盲腸まで到達した場合、大腸内視鏡検査の

成功となります。

2019年11月30日現在、開院以来26か月で大腸内視鏡検査を3207件に行い

盲腸まで到達した割合、すなわち大腸内視鏡の成功率は100%です。

全例盲腸まで到達できています。

この中には今まで何度やっても出来なかった方、今まで苦しくて

もうやりたくないが最後にもう一度だけ試しにという方、などが

数多く含まれています。

勿論、今後も100%の成功を保証するものでは有りませんが、

現時点での成功率を参考までに紹介いたしました。

(内視鏡交換を拒否された方1名を除く)

参考にして頂ければと思います。


閲覧数:759回

最新記事

すべて表示

最近、下剤を飲まない大腸内視鏡検査を行っていると書いているところが有ります。 この方法、実は非常に危険なうえに医療行為としては不適切であり保険で行うことは出来ません。 詳しく解説いたします。 大腸内視鏡検査の時に内服する下剤があります。腸を綺麗にして精度の高い検査を行うために欠か

スペシャリストを簡単に見分ける方法はこちら 危険な内視鏡検査専門クリニックはこちら 下剤を飲まない、少量の下剤の大腸内視鏡検査を行う素人内視鏡医の 危険性についてはこちら 内視鏡検査専門クリニックの進行大腸がん見逃しについてはこちら ​(綺麗なホームページと口コミ高評価が危険という見本です) 「内視鏡検査専門施設」「スペシャリストによる」などと書いているところは まず間違いなく素人内視鏡医です。

素人内視鏡医による内視鏡検査専門施設についてはこちら 専門家をどうやって見分けるのかはこちら 下剤を飲まない大腸内視鏡検査を受けてはいけない理由はこちら 「内視鏡検査専門クリニック」の大腸進行がんの見逃しはこちら 最近の素人内視鏡医による内視鏡検査専門施設の開業ラッシュは 目を覆いたくなるような惨事となってきました。 全員同じようなHPを作っていかにも専門家の様に書いています。 見分ける方法は簡単