• 院長

大腸内視鏡の成功率は100%(3913件、2020年03月30日現在)

*2017年9月に開院以来大腸内視鏡検査を

3913件に行って参りました*

大腸内視鏡検査は全大腸の観察を目的に行われます。

従って一番奥の盲腸まで到達した場合、大腸内視鏡検査の

成功となります。

2019年11月30日現在、開院以来26か月で大腸内視鏡検査を3207件に行い

盲腸まで到達した割合、すなわち大腸内視鏡の成功率は100%です。

全例盲腸まで到達できています。

この中には今まで何度やっても出来なかった方、今まで苦しくて

もうやりたくないが最後にもう一度だけ試しにという方、などが

数多く含まれています。

勿論、今後も100%の成功を保証するものでは有りませんが、

現時点での成功率を参考までに紹介いたしました。

(内視鏡交換を拒否された方1名を除く)

参考にして頂ければと思います。


555回の閲覧

最新記事

すべて表示

危険!警告!不正!下剤を飲まない大腸内視鏡検査

最近、下剤を飲まない大腸内視鏡検査を行っていると書いているところが有ります。 この方法、実は非常に危険なうえに医療行為としては不適切であり保険で行うことは出来ません。 詳しく解説いたします。 大腸内視鏡検査の時に内服する下剤があります。腸を綺麗にして精度の高い検査を行うために欠か

恐怖!警告!素人内視鏡医による「内視鏡専門施設」の乱立

スペシャリストを簡単に見分ける方法はこちら 最近内視鏡専門施設が乱立しています。 どうしたんだという位増えています。 内視鏡のプロが開業したのなら本当に歓迎すべきことです。 見逃しが少ない内視鏡検査を皆さんに受けて頂く事が出来るからです。 しかし最近の彼らは内視鏡を金儲けの手段、目的としているとしか思えません。 そもそも内視鏡の専門家を見たことが有りません。 素人内視鏡医が内視鏡専門施設として開業

新型コロナー大腸内視鏡は安全!?

内視鏡学会の提言でも書かれていますが、内視鏡診療でコロナに感染した例は報告が見られません。だからといって感染対策を疎かにすることは勿論出来ませんが。 胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)ではより慎重に当院でも様々な工夫を行って感染予防を行っているところです。 さて、大腸内視鏡検査に関