top of page
  • 院長

便潜血反応について

更新日:2021年4月24日

​健診の季節になりますと便潜血反応陽性とのことでご来院される方が増えます。

読んで字の如く便に血が混じっていましたよ、ということです。

目に見えない少量の血液に反応します。

さて、内視鏡を専門にする医者としてはこの検査を手放しでお勧めするわけにはいきません。

この検査で異常なしとなればほとんどの方が大腸の検査をしようとは思わないでしょう。

そうすると病変が有るのに陰性になった場合、その病変は放置されるということになります。

便潜血反応で陽性にならない病変はいくらでもあります。

大腸内視鏡検査で発見できる小さな腫瘍は基本便潜血では発見できません。

しかし、それらの病変も、特に平坦型、陥凹型などは比較的早く進行していきます。

これは怖いことです。

では、どうすればいいのでしょうか。

ある年齢になったらまず、大腸内視鏡検査を受けてください。

上部消化管内視鏡検査と同様今後一生のスケジュールが一度の検査で分かります。

病変がなかった場合は数年間は検査の必要が有りません。

その間は便潜血でチェックしていただく。

これは大腸内視鏡検査は見逃しとの戦いだからです。

一度検査をして病変がない場合でも万が一の見逃しのために便潜血を行う。

低年齢化しているのは明らかです。

便潜血反応でチェックする前に一度大腸内視鏡検査をお受け下さい。


閲覧数:915回0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険!警告!不正!下剤を飲まない大腸内視鏡検査 プロポフォール名人をブッ飛ばせ!

最近、下剤を飲まない大腸内視鏡検査を行っていると書いているところが有ります。 この方法、実は非常に危険なうえに医療行為としては不適切であり保険で行うことは出来ません。 詳しく解説いたします。 大腸内視鏡検査の時に内服する下剤があります。腸を綺麗にして精度の高い検査を行うために欠か

恐怖!警告!【自称】内視鏡検査専門施設の乱立 プロポフォール名人をブッ飛ばせ

プロポフォール名人をブッ飛ばそう! プロポフォールを使えば誰でも名人と誤解させることが出来ます。 しかし、この薬は麻酔科医などが専任で状態を監視しないと使えない薬です。 それだけ危険なのですが、どうして使うのか。 誰でも深鎮静がかかるので苦痛がなくなるからです。 しかし、内視鏡の専門家なら大病院以外では使いません、使えません。 理由は書いた通りです。 スペシャリストの探し方はこちら 下剤を飲まない

bottom of page