• 院長

内視鏡学会の提言ー検診を含めた内視鏡の再開を

内視鏡学会から新しい提言が出されました。5/29更新。

内視鏡検診を含む通常の内視鏡診療の再開を、と致しました。

その根拠として最近の感染症の動向、また、これまでに内視鏡診療を介した

内視鏡従事者及び被検者間の感染は世界的にも報告されていないことが

明らかにされました。

勿論感染症が消失した訳では有りませんので、細心の感染症対策を

継続して行っていく必要があります。

ただ、以前にも書きましたが、クリニックでの感染は患者さんから我々

医療者に感染する可能性が有りますが、患者さんへの感染はまず考え

られません。

緊急事態宣言中は症状の強い方、不安な方などを中心に内視鏡検査を行い、

結果かなりの数の進行がん、早期がんが見つかりました。

紹介先の癌研の後輩も驚くような数でした。

癌は待ってくれません、そして、致死率は100%です。

内視鏡の専門家として質の高い内視鏡を通して、癌を始めとするあらゆる

疾患から皆さんの命、健康を守ること、それが僕の使命です。

出来ることに全力で取り組み、使命を果たしていきたいと思っています。

前回のはこちら

#お知らせ

閲覧数:604回

最新記事

すべて表示

最近、下剤を飲まない大腸内視鏡検査を行っていると書いているところが有ります。 この方法、実は非常に危険なうえに医療行為としては不適切であり保険で行うことは出来ません。 詳しく解説いたします。 大腸内視鏡検査の時に内服する下剤があります。腸を綺麗にして精度の高い検査を行うために欠か

スペシャリストを簡単に見分ける方法はこちら 危険な内視鏡検査専門クリニックはこちら 下剤を飲まない、少量の下剤の大腸内視鏡検査を行う素人内視鏡医の 危険性についてはこちら 内視鏡検査専門クリニックの進行大腸がん見逃しについてはこちら ​(綺麗なホームページと口コミ高評価が危険という見本です) 「内視鏡検査専門施設」「スペシャリストによる」などと書いているところは まず間違いなく素人内視鏡医です。

素人内視鏡医による内視鏡検査専門施設についてはこちら 専門家をどうやって見分けるのかはこちら 下剤を飲まない大腸内視鏡検査を受けてはいけない理由はこちら 「内視鏡検査専門クリニック」の大腸進行がんの見逃しはこちら 最近の素人内視鏡医による内視鏡検査専門施設の開業ラッシュは 目を覆いたくなるような惨事となってきました。 全員同じようなHPを作っていかにも専門家の様に書いています。 見分ける方法は簡単