top of page
  • 院長

内視鏡前の追加問診について

更新日:2021年4月24日

内視鏡学会の新しい提言を受けて、内視鏡前すべての方に対して

新型コロナ感染症に関する追加問診を行います。

内容は以下の通りです。

1.状態に関する項目

  ①のどの痛み、咳や痰などの風邪の症状はありますか?

  ②2週間以内に、37.0℃以上の発熱がありましたか?

  ③疲れやすい、倦怠感などの症状はありますか?

  ④味覚や嗅覚に異常を感じますか?

  ⑤4−5日続く下痢等の消化器症状はありましたか?

  ⑥現在の体温は?(当院で測定します)

 2.感染リスクに関する項目

  ②1ヶ月以内に「新型コロナウイルス感染者やその疑いがある人」、または、

   「そのような人と接触した人」との接触がありましたか?

  ③1ヶ月以内に海外に渡航されましたか?

  ④1ヶ月以内に「海外から帰国された方」や、「そうした方と接触した人」との

   接触がありましたか?

  ⑤1ヶ月以内に、ライブハウス等の人の多いお店や接待を伴う外食店に

   行かれたことがありましたか?

当日以上の確認をさせて頂きます。

該当項目がある場合は延期させていただきますのでご了承をお願いいたします。

閲覧数:3,146回

最新記事

すべて表示

危険!警告!不正!下剤を飲まない大腸内視鏡検査 プロポフォール名人をブッ飛ばせ!

最近、下剤を飲まない大腸内視鏡検査を行っていると書いているところが有ります。 この方法、実は非常に危険なうえに医療行為としては不適切であり保険で行うことは出来ません。 詳しく解説いたします。 大腸内視鏡検査の時に内服する下剤があります。腸を綺麗にして精度の高い検査を行うために欠か

恐怖!警告!【自称】内視鏡検査専門施設の乱立 プロポフォール名人をブッ飛ばせ

プロポフォール名人をブッ飛ばそう! プロポフォールを使えば誰でも名人と誤解させることが出来ます。 しかし、この薬は麻酔科医などが専任で状態を監視しないと使えない薬です。 それだけ危険なのですが、どうして使うのか。 誰でも深鎮静がかかるので苦痛がなくなるからです。 しかし、内視鏡の専門家なら大病院以外では使いません、使えません。 理由は書いた通りです。 スペシャリストの探し方はこちら 下剤を飲まない

bottom of page