• 院長

内視鏡学会からの提言ー徐々に解除しています

内視鏡学会から5/18、新たな提言が出されました。内視鏡検診を含めて出口戦略を

慎重に検討すべき時期に来ているとのことです。勿論感染対策を万全にしてです。

東京を含めて緊急事態宣言も解除されました。

最近の研究でも内視鏡による感染拡大は認められないことも分かりつつあります。

特に便による感染力はなく、大腸内視鏡検査はより安全であると考えています。

この1ヶ月は検査が待てないという方、症状があり心配だという方に検査を行って

きました。結果進行がん、早期がんが非常に多く見つかりました。

通常は慈恵医大の後輩に紹介するのですが、今は制限されており癌研の後輩に

紹介していました。「こんなに多いのですか」、と驚かれるほど多くのがんが

見つかりました。

癌は待ってくれません。そして、遅れれば死亡率は100%です。

内視鏡専門家の私が出来ることは感染症対策を万全に、皆さんに質の高い内視鏡検査を

提供し、早期発見・早期治療で皆さんの命を癌から守ることです。

それが僕に出来ることであり僕の使命です。

感染対策を万全に徐々に件数を増やしてまいります。

よろしくお願い致します。

#お知らせ

最新記事

すべて表示

新型コロナー大腸内視鏡は安全!?

内視鏡学会の提言でも書かれていますが、内視鏡診療でコロナに感染した例は報告が見られません。だからといって感染対策を疎かにすることは勿論出来ませんが。 胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)ではより慎重に当院でも様々な工夫を行って感染予防を行っているところです。 さて、大腸内視鏡検査に関

新型コロナに絶対にかからない方法

新型コロナはまだまだ先の長い戦いとなりそうですね。 相手のことを知らなければ戦いようが有りません。 患者さん全員に「新型コロナに絶対かからない方法」というパンフレットを配布しています。 今の状況、コロナの特徴、最新の研究から分かっていることなどを書いてお渡ししてています。

コロナを診ている医療者だけが頑張っている訳では有りません

新型コロナ感染がまだまだ猛威を振るっており心配は尽きませんね。 世の中は医療従事者、新型コロナに最前線で奮闘している人たちに感謝しようという機運が有りますね。 では、コロナは診ないと謡っている病院やクリニックは何もしていないのでしょうか。 最近1週間でも何人もの患者さんに大腸がん