• 院長

自動診断AI内視鏡について

オリンパスが自動診断AIの内視鏡を販売いたします。

自動診断AIは内視鏡医が病変を発見し、その病変の診断を補助するものです。

すなわち病変を発見してからの補助ということになります。

内視鏡検査は病変を発見すること自体が最も重要なのです。

それは腫瘍発見率(ADR)としてそれぞれ医師によって異なります。

これが高い医師はそもそも診断能力にも優れているため

補助診断が必要ありません。

腫瘍発見率(ADR)が低い医師は病変を発見できませんから、そもそも診断能力が

低いのでAIによる補助診断を必要とするのです。

自動診断を紹介した記事にも

「熟練医以外もAIを参考に判断できれば、医療現場の人手不足解消につながる

可能性もある。」

と紹介しています。

自動診断は腫瘍発見率を上げませんから、熟練していない医師の成績を

上げることは出来ません。

自動診断AI内視鏡を必要とするのは内視鏡のトレーニングがちゃんと受けられていない

専門医や非熟練医です。病変を見つけてから診断のために使う。

内視鏡の専門家、スペシャリストにはそもそも必要のないものなのです。


452回の閲覧

最新記事

すべて表示

危険!警告!下剤を飲まない大腸内視鏡検査

最近、下剤を飲まない大腸内視鏡検査を行っていると書いているところが有ります。 この方法、実は非常に危険なうえに医療行為としては不適切であり保険で行うことは出来ません。 詳しく解説いたします。 大腸内視鏡検査の時に内服する下剤があります。腸を綺麗にして精度の高い検査を行うために欠か

新型コロナー大腸内視鏡は安全!?

内視鏡学会の提言でも書かれていますが、内視鏡診療でコロナに感染した例は報告が見られません。だからといって感染対策を疎かにすることは勿論出来ませんが。 胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)ではより慎重に当院でも様々な工夫を行って感染予防を行っているところです。 さて、大腸内視鏡検査に関

内視鏡学会の提言ー検診を含めた内視鏡の再開を

内視鏡学会から新しい提言が出されました。5/29更新。 内視鏡検診を含む通常の内視鏡診療の再開を、と致しました。 その根拠として最近の感染症の動向、また、これまでに内視鏡診療を介した内視鏡従事者及び被検者間の感染は世界的にも報告されていないことが報告されました。 勿論感染症が消失