top of page
  • 院長

慢性膵炎と言われたらー診断編3

慢性膵炎と診断され多くの薬を処方されて来院される方が多くなっています。

慢性膵炎の診断についてガイドラインなどを読んでき頂きました

診断には画像診断が欠かせないことが書かれています。

では、どのように診断するのでしょうか。

初期の慢性膵炎はまず、エコーを行います。

しかし、エコーだけでは初期の慢性膵炎は診断できません。

エコーで初期の慢性膵炎を疑った場合次に行うのは超音波内視鏡(EUS)です

これを持っている開業医は少ないでしょうから、どこかに紹介してやって頂くことに

なりますね。

初期の慢性膵炎はCT,MRCPでは診断できません。

もっとも、症状が続いているような場合には諸検査を行うことは当然あります。

膵疾患はエコーで見逃しやすいというのも有ります。

しかし、初期の慢性膵炎を診断するためだけにこれらの検査を行うことはありません。

次回はある程度進行した慢性膵炎の診断の話です。

閲覧数:5,374回

最新記事

すべて表示

新型コロナー大腸内視鏡は安全!?

内視鏡学会の提言でも書かれていますが、内視鏡診療でコロナに感染した例は報告が見られません。だからといって感染対策を疎かにすることは勿論出来ませんが。 胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)ではより慎重に当院でも様々な工夫を行って感染予防を行っているところです。 さて、大腸内視鏡検査に関

新型コロナと内視鏡

消化器内視鏡学会から提言が出されましたのでそれに則って流行中の新型コロナ感染症と内視鏡について記載いたします。 まず、感染者に対する上部消化管内視鏡検査では咳などが起きることが有り感染の可能性が有ります。 従って提言では風邪症状のある方やコロナ感染が疑われる方に対する内視鏡は延期

bottom of page