• 院長

胃のポリープについて

「胃のポリープがあり毎年内視鏡検査と言われました」

「胃のポリープを毎回取ってもらっています」

「胃のポリープを取ってもらいました」

こういう患者さんが時々います。

胃のポリープ 

勿論、紛らわしいものは有りますが、そのほとんどは放置しておいて大丈夫なものです。

(胃底腺ポリープを念頭に書いています)

胃にポリープが有るからと言って毎年内視鏡検査をやる必要は有りません。

胃のポリープを切除する必要はほとんどありません。

切除しなければならないのは、出血しており貧血になっている、

大きくなってきた、十二指腸に入り込んで嘔吐してしまう、などです。

(こういうのは過形成性ポリープです)

また、バリウム検査で胃のポリープを指摘されて来院される方も

多く居られます。

バリウムの場合は、放置しておいてよいポリープなのか、腫瘍性病変であるのか

確実に区別するのが難しい場合が有ります。

従って内視鏡で確認するように勧められることが有ります。

内視鏡を行って問題のないポリープであれば、ポリープのために

毎年内視鏡検査、バリウム検査を行う必要がないのは述べたとおりです。

胃のポリープ(胃底腺ポリープ)を毎年見ていきましょうと言われたら、一度専門的な内視鏡検査を受けて頂いた方がいいと思います。

胃のポリープといわれて少し驚くかもしれませんが、そのほとんどは全く問題がない、

むしろピロリ菌が居ない証拠、くらいに思っていただければ結構です。


2,048回の閲覧

最新記事

すべて表示

新型コロナー大腸内視鏡は安全!?

内視鏡学会の提言でも書かれていますが、内視鏡診療でコロナに感染した例は報告が見られません。だからといって感染対策を疎かにすることは勿論出来ませんが。 胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)ではより慎重に当院でも様々な工夫を行って感染予防を行っているところです。 さて、大腸内視鏡検査に関

新型コロナと内視鏡

消化器内視鏡学会から提言が出されましたのでそれに則って流行中の新型コロナ感染症と内視鏡について記載いたします。 まず、感染者に対する上部消化管内視鏡検査では咳などが起きることが有り感染の可能性が有ります。 従って提言では風邪症状のある方やコロナ感染が疑われる方に対する内視鏡は延期

風邪症状、コロナ疑いの方はご来院頂けません。

発熱、咳など、風邪症状のある方、インフルエンザ、新型コロナ感染症が疑われる方の診療を2月1日より休止しております。​​暫く継続予定です。​また、海外より帰国後一か月以内の方の診察も行っておりません。​最寄りの保健所、帰国者相談センターなどにご相談ください。​電話による初診、再診で