• 院長

鎮静剤を使いたくない方へ

鎮静剤を希望されない方にお知らせと解説です。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)の場合はご希望がなければそのまま鎮静剤を

用いることなく行うことができます。

さて、大腸内視鏡検査です。

大腸内視鏡検査の場合、当院では鎮静剤を用いますが鎮痙剤は用いておりません。

鎮静剤を用いた大腸内視鏡は挿入をより早く挿入し、その分の集中力を

極限まで観察に用いるというスタイルです。従って体位変換や看護師さんによる

腹部圧迫などもほとんどありません。そこに時間をかけないやり方です。

当院の高い腫瘍発見率(ADR)もこの方法で達成されています。

一方、鎮静剤なしの場合は殆どの施設で体位変換、腹部圧迫などを併用して

挿入していきます。もちろん我々のやり方より一般的に時間がかかります。

鎮静剤を用いないのでその副作用は起きません。しかし、ほぼ全員が鎮痙剤を

用います。この鎮痙剤には勿論副作用が有ります。欧米などでは使われない

鎮痙剤の副作用が有ります。どちらが安全でしょうか。

鎮静剤を用いたくないという方のご希望を出来るだけ尊重して参りますが、

当院では鎮痙剤を用いないので検査が少しやりにくくなります。

鎮静剤のご希望がない方は一度診察してご本人と話し合いのうえ決めたいと

考えています。

よろしくお願い致します。


1,186回の閲覧

最新記事

すべて表示

危険!警告!下剤を飲まない大腸内視鏡検査

最近、下剤を飲まない大腸内視鏡検査を行っていると書いているところが有ります。 この方法、実は非常に危険なうえに医療行為としては不適切であり保険で行うことは出来ません。 詳しく解説いたします。 大腸内視鏡検査の時に内服する下剤があります。腸を綺麗にして精度の高い検査を行うために欠か

新型コロナー大腸内視鏡は安全!?

内視鏡学会の提言でも書かれていますが、内視鏡診療でコロナに感染した例は報告が見られません。だからといって感染対策を疎かにすることは勿論出来ませんが。 胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)ではより慎重に当院でも様々な工夫を行って感染予防を行っているところです。 さて、大腸内視鏡検査に関

内視鏡学会の提言ー検診を含めた内視鏡の再開を

内視鏡学会から新しい提言が出されました。5/29更新。 内視鏡検診を含む通常の内視鏡診療の再開を、と致しました。 その根拠として最近の感染症の動向、また、これまでに内視鏡診療を介した内視鏡従事者及び被検者間の感染は世界的にも報告されていないことが報告されました。 勿論感染症が消失