• 院長

ピロリ菌除菌後、あるいはピロリ陰性の胃もたれ、腹痛について

最終更新: 8月29日

今回はピロリ菌のいない方、あるいは除菌後の状態で胃もたれ、胃痛が有る方に関する内容です。

以前はピロリ菌を除菌すれば胃の症状は消失するものと考えられていました。

除菌をするようになって直ぐのことです。

しかし、除菌が保険適応になり多くの方が除菌するに至って、除菌後の腹部症状が継続、あるいは出現する人が多くいることが分かりました。

その様な方達にもまず制酸剤を投与しました。

しかし、制酸剤では効果がない人が多数存在しました。

それでもどんどん強い制酸剤が出ますので制酸剤が投与され続けてきました。

ところがそれでは効果が殆ど見られません。

そして、クリニックを変えてみても、またしても処方されるのは制酸剤です。

ところがそういう方たちに対して有効な薬が発売されました。

勿論これだけで全て解決というほど簡単ではありませんが、なかなか良くならなかった症状が取れるので随分と楽になる方が多いですね。

ピロリ菌は居ないのに、除菌が成功しているのに、胃薬を飲んでも軽快しない、症状が続いている、こういう方には今では効果的な薬も出ていますので​安心ください。

併せてお読みください

ピロリ菌とお腹の病気

胃内視鏡検査(胃カメラ)

診療実績

​内視鏡・診療予約

#ピロリ菌と胃がん

最新記事

すべて表示

新型コロナー大腸内視鏡は安全!?

内視鏡学会の提言でも書かれていますが、内視鏡診療でコロナに感染した例は報告が見られません。だからといって感染対策を疎かにすることは勿論出来ませんが。 胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)ではより慎重に当院でも様々な工夫を行って感染予防を行っているところです。 さて、大腸内視鏡検査に関

内視鏡学会の提言ー検診を含めた内視鏡の再開を

内視鏡学会から新しい提言が出されました。5/29更新。 内視鏡検診を含む通常の内視鏡診療の再開を、と致しました。 その根拠として最近の感染症の動向、また、これまでに内視鏡診療を介した内視鏡従事者及び被検者間の感染は世界的にも報告されていないことが報告されました。 勿論感染症が消失

内視鏡前の追加問診について

内視鏡学会の新しい提言を受けて、内視鏡前すべての方に対して新型コロナ感染症に関する追加問診を行います。 内容は以下の通りです。1.状態に関する項目 ①のどの痛み、咳や痰などの風邪の症状はありますか? ②2週間以内に、37.0℃以上の発熱がありましたか? ③疲れやすい、倦怠感などの