大腸内視鏡の成功率は100%(3207件、2019年11月30日現在)

April 1, 2020

 

*2017年9月に開院以来大腸内視鏡検査を

3207件に行って参りました*

大腸内視鏡検査は全大腸の観察を目的に行われます。

従って一番奥の盲腸まで到達した場合、大腸内視鏡検査の

成功となります。

2019年11月30日現在、開院以来26か月で大腸内視鏡検査を3207件に行い

盲腸まで到達した割合、すなわち大腸内視鏡の成功率は100%です。

全例盲腸まで到達できています。

この中には今まで何度やっても出来なかった方、今まで苦しくて

もうやりたくないが最後にもう一度だけ試しにという方、などが

数多く含まれています。

勿論、今後も100%の成功を保証するものでは有りませんが、

現時点での成功率を参考までに紹介いたしました。

(内視鏡交換を拒否された方1名を除く)

参考にして頂ければと思います。

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

特集記事

大学時代の後輩が開業を聞きつけて山形からお祝いに来てくれました。山形の銘酒を持ってきてくれました。 医学博士の論文を指導して以来の付き合いですから、かれこれ30年以上ですね。 彼には最近お子さんが誕生。父親参観では一番年上とのことでしたが。娘さんの事を話すときの顔はデレデレで見ていられませんでした。

後輩の来訪

2018/06/16

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ