慢性膵炎と言われたらー診断編4

February 21, 2020

慢性膵炎と診断されて来院される方が増えています。

 

当院で検査を行ったところ慢性膵炎と診断された人は居ませんでした。

 

初期の慢性膵炎は採血やエコーで診断できません。

一般的なクリニックで初期の慢性膵炎を診断することは出来ないのです。

 

さて、今回は進行した慢性膵炎の診断についてです。

 

これは、エコーやCT、MRCPなどで簡単に診断できます。

 

その特徴は膵管の拡張や石灰化です。一目で診断できます。

 

非常に強い痛みが長期間続くのでそれも診断の一助となります。

 

進行した慢性膵炎の患者さんはそれほど多くありません。

一般的なクリニックを受診している方はあまり考える必要がない疾患です。

 

そして、進行した慢性膵炎の治療は痛み止めです。

 

慢性膵炎として薬を処方されたら、まず、診断が違うのではないかと考えてみてください。

 

次回は慢性膵炎の治療についてです。

 

 

 

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

特集記事

大学時代の後輩が開業を聞きつけて山形からお祝いに来てくれました。山形の銘酒を持ってきてくれました。 医学博士の論文を指導して以来の付き合いですから、かれこれ30年以上ですね。 彼には最近お子さんが誕生。父親参観では一番年上とのことでしたが。娘さんの事を話すときの顔はデレデレで見ていられませんでした。

後輩の来訪

2018/06/16

1/1
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ