• 院長

電話再診での処方箋発行について

今般の新型コロナの発生を抑えるために政府は電話再診による処方箋の

発行を認めました。

当院も積極的に行ってまいります。

今は再診の方のみが対象です。

再診の方はクリニックにお電話ください。

受付をいたします。

医師と話をして状況を確認、これが電話再診となります。

その後、1階の薬局がご希望であれば処方箋を送り、そのまま

薬を郵送いたします。(他の薬局ご希望の場合はその旨お教えください。)

振込用紙で振り込んで頂き、診察代は時機を見てクリニックにお支払いください。

以上です。


閲覧数:281回

最新記事

すべて表示

最近、下剤を飲まない大腸内視鏡検査を行っていると書いているところが有ります。 この方法、実は非常に危険なうえに医療行為としては不適切であり保険で行うことは出来ません。 詳しく解説いたします。 大腸内視鏡検査の時に内服する下剤があります。腸を綺麗にして精度の高い検査を行うために欠か

僕は卒業以来30年以上大学病院で内視鏡、消化器内科を専攻してきました。 吐血、下血、黄疸、など緊急性を要する疾患も勿論専門家として対応してきました。 開業するにあたっては専門性の高いクリニックを目指しました。 大学病院で専門性の高い仕事をしてきましたので当然の選択でした。 というよりそれ以外出来ないというのも有りましたし。 さて、内視鏡、消化器内科というのは書いたように緊急性のある疾患が数多く 来

スペシャリストの探し方はこちら 下剤を飲まない、少量の下剤で大腸内視鏡検査を行う 危険性についてはこちら 内視鏡専門施設の進行大腸がん見逃しについてはこちら ​(綺麗なホームページと口コミ高評価が危険という見本です) さて、最近内視鏡専門施設が乱立しています。 どうしたんだという位増えています。 ざっと見ても都内ですら十数か所内視鏡クリニックがあります。 同じコンサルタント会社が絡み綺麗なHPを作