• 院長

逆流性食道炎について

まずは食道の病気からお腹じゃないというのは置いて下さい。

逆流性食道炎は激増しています。

体格が良くなったのも一因と言われています。

​また、同じく食事が高カロリーになったのも有るでしょう。

症状は様々ですが、胸やけ、飲み込みにくい、喉がつかえる、酸っぱい、など

治療は制酸剤を用います。胃酸が逆流して食道を傷付ける為に起きていますから、胃酸を抑えるというわけです。

概ね2か月の内服で状態が落ち着きます。

その後は内服量を減らして継続する、症状があるときに内服する、治療を終了するという風に分かれていきます。

食道炎の状態と症状を見ながら選択していきます。

なお、この病気は内視鏡所見と症状がぴったり一致しないことが多いのです。

これはひどいと思ってもご本人は案外何でもないとか、その逆もあります。

さらにいえば、内視鏡(胃カメラ)で所見がないNERDというのが有りますが、それは症状が頑固でなかなか取れにくいというのもあります。

それは酸逆流ではないからです。

胃酸を抑える薬を内服しても効果がない、そういう方がたくさんおられます。

勿論そういう方にあった治療も行うわけです。

専門的な治療が必要になりますので、胃腸科、消化器内科、内視鏡科、にご相談ください。​


346回の閲覧

最新記事

すべて表示

新型コロナー大腸内視鏡は安全!?

内視鏡学会の提言でも書かれていますが、内視鏡診療でコロナに感染した例は報告が見られません。だからといって感染対策を疎かにすることは勿論出来ませんが。 胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)ではより慎重に当院でも様々な工夫を行って感染予防を行っているところです。 さて、大腸内視鏡検査に関

新型コロナと内視鏡

消化器内視鏡学会から提言が出されましたのでそれに則って流行中の新型コロナ感染症と内視鏡について記載いたします。 まず、感染者に対する上部消化管内視鏡検査では咳などが起きることが有り感染の可能性が有ります。 従って提言では風邪症状のある方やコロナ感染が疑われる方に対する内視鏡は延期

風邪症状、コロナ疑いの方はご来院頂けません。

発熱、咳など、風邪症状のある方、インフルエンザ、新型コロナ感染症が疑われる方の診療を2月1日より休止しております。​​暫く継続予定です。​また、海外より帰国後一か月以内の方の診察も行っておりません。​最寄りの保健所、帰国者相談センターなどにご相談ください。​電話による初診、再診で