• 院長

ピロリ菌の除菌に成功しても胃がんになります!

更新日:2021年1月7日

ピロリ菌に関する診療が多くなっています。

一般の方にもピロリ菌に関する知識が広く知られるようになったと実感いたします。

ピロリ菌に関しては別のところにも書いていますので、ご参照ください。

さて、広く知られるようになったピロリ菌ですが、一部の患者さんには

非常に危ない誤解をしている方が居られます。

それは、ピロリ菌を除菌したら胃癌にはならないというものです。

インターネット上で一部この様な情報があるようで、誤解してしまうのも

無理はないことです。

しかし、これは大きな間違いであると同時に非常に危険です。

なぜなら、除菌に成功しても胃癌は発生しますし、しかも

除菌後早期に発見されることが知られています。

ついこの前も除菌後3年間検査しなかった方が来られて検査をしたところ

もう一歩で進行がんという状況でした。

皆さんにはくれぐれも除菌に成功したから検査は必要ないと思い込まずに

しっかりと経過を見ることの重要性をご理解いただきたいと思います。

#ピロリ菌と胃がん

閲覧数:793回

最新記事

すべて表示

スペシャリストを簡単に見分ける方法はこちら 危険な内視鏡検査専門クリニックはこちら 下剤を飲まない、少量の下剤の大腸内視鏡検査を行う素人内視鏡医の 危険性についてはこちら 内視鏡検査専門クリニックの進行大腸がん見逃しについてはこちら ​(綺麗なホームページと口コミ高評価が危険という見本です) 「内視鏡検査専門施設」「スペシャリストによる」などと書いているところは まず間違いなく素人内視鏡医です。

素人内視鏡医による内視鏡検査専門施設についてはこちら 専門家をどうやって見分けるのかはこちら 下剤を飲まない大腸内視鏡検査を受けてはいけない理由はこちら 「内視鏡検査専門クリニック」の大腸進行がんの見逃しはこちら 最近の素人内視鏡医による内視鏡検査専門施設の開業ラッシュは 目を覆いたくなるような惨事となってきました。 全員同じようなHPを作っていかにも専門家の様に書いています。 見分ける方法は簡単

内視鏡学会の提言でも書かれていますが、内視鏡診療でコロナに感染した例は報告が見られません。だからといって感染対策を疎かにすることは勿論出来ませんが。 胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)ではより慎重に当院でも様々な工夫を行って感染予防を行っているところです。 さて、大腸内視鏡検査に関