top of page
  • 院長

ピロリ菌の除菌に成功しても胃がんになります!

更新日:2021年1月7日

ピロリ菌に関する診療が多くなっています。

一般の方にもピロリ菌に関する知識が広く知られるようになったと実感いたします。

ピロリ菌に関しては別のところにも書いていますので、ご参照ください。

さて、広く知られるようになったピロリ菌ですが、一部の患者さんには

非常に危ない誤解をしている方が居られます。

それは、ピロリ菌を除菌したら胃癌にはならないというものです。

インターネット上で一部この様な情報があるようで、誤解してしまうのも

無理はないことです。

しかし、これは大きな間違いであると同時に非常に危険です。

なぜなら、除菌に成功しても胃癌は発生しますし、しかも

除菌後早期に発見されることが知られています。

ついこの前も除菌後3年間検査しなかった方が来られて検査をしたところ

もう一歩で進行がんという状況でした。

皆さんにはくれぐれも除菌に成功したから検査は必要ないと思い込まずに

しっかりと経過を見ることの重要性をご理解いただきたいと思います。

閲覧数:991回

最新記事

すべて表示

恐怖!警告!【自称】内視鏡検査専門施設の乱立 プロポフォール名人をブッ飛ばせ

プロポフォール名人をブッ飛ばそう! プロポフォールを使えば誰でも名人と誤解させることが出来ます。 しかし、この薬は麻酔科医などが専任で状態を監視しないと使えない薬です。 それだけ危険なのですが、どうして使うのか。 誰でも深鎮静がかかるので苦痛がなくなるからです。 しかし、内視鏡の専門家なら大病院以外では使いません、使えません。 理由は書いた通りです。 スペシャリストの探し方はこちら 下剤を飲まない

bottom of page