top of page
  • 執筆者の写真Hiroshi Kakutani

当院の非常勤医について

当院の非常勤医は慈恵医大内視鏡部と慶応大学腫瘍センターから

来ています。


慶應大学腫瘍センターは矢作教授を始めESDなどの内視鏡手術の

専門部門から来ています。

僕の仕事を通じての知り合いがここの講師をしており、現在は

聖マリアンナ医科大学の内視鏡室教授になっています。

この医師を通じて慶応から来ています。


いずれもうちに来るにあたってはいくつかの厳しい条件を付けていますが

そもそも余程自身がなければ当院には来ませんのでご安心ください。


アルバイト募集などでいろんな科の医者が内視鏡が出来ると応募してきます。

外科、救急、総合診療、家庭医などなど・・・・・。


申し訳ないのですが、とても採用できません。


質にこだわるとはこういう意味です。

内視鏡も、その他の手技も同様ですが、医者によって結果が大きく異なります。


誰がやっても同じにはならないんです。

それは当たり前なのですが、国家資格のある医者、専門医資格のある、

指導医資格が有ると言われれば、あまり違わないのではと思ってしまいますよね。


内視鏡学会の指導医は学会に出席すれば誰でも取れます。

何かの医者であっても取得できるのです。


だからこそ、身元の確かな、技術の確かな医者しかうちには来ません。


どうかご安心ください。

閲覧数:363回

最新記事

すべて表示

危険!警告!不正!下剤を飲まない大腸内視鏡検査 プロポフォール名人をブッ飛ばせ!

最近、下剤を飲まない大腸内視鏡検査を行っていると書いているところが有ります。 この方法、実は非常に危険なうえに医療行為としては不適切であり保険で行うことは出来ません。 詳しく解説いたします。 大腸内視鏡検査の時に内服する下剤があります。腸を綺麗にして精度の高い検査を行うために欠か

恐怖!警告!【自称】内視鏡検査専門施設の乱立 プロポフォール名人をブッ飛ばせ

プロポフォール名人をブッ飛ばそう! プロポフォールを使えば誰でも名人と誤解させることが出来ます。 しかし、この薬は麻酔科医などが専任で状態を監視しないと使えない薬です。 それだけ危険なのですが、どうして使うのか。 誰でも深鎮静がかかるので苦痛がなくなるからです。 しかし、内視鏡の専門家なら大病院以外では使いません、使えません。 理由は書いた通りです。 スペシャリストの探し方はこちら 下剤を飲まない

bottom of page