top of page
  • 院長

大腸内視鏡で必ず確認して頂きたい事

更新日:2023年8月1日

大腸内視鏡検査を受けるにあたっては必ず確認して頂きたいことがいくつかあります。


まず第一は、卵アレルギーが有りますか、と質問されたら、そこは止めてください。

麻酔科医がいなければ危険で使用できない薬剤が使われる可能性があります。

その薬剤を用いる開業医はとても専門家とは言えないと思います。


次に検査後の写真です。

虫垂孔を必ず確認してください。

虫垂孔は文字通り虫垂の入り口です。

虫垂の入り口は即ち大腸の終点です。

ここを必ず写真で確認してください。


虫垂孔の写真を示します。








上のように全周性の場合もありますが、多くは下二枚のように

半周性の入り口となっています。

この半周性の写真を必ず確認して下さい。


回腸の出口(回盲部)や横行結腸の最後で終わっている場合も

珍しくないのです。


ついこの間も一年前に「内視鏡専門施設」で行われた患者さんの上行結腸に


卵アレルギーが有るかどうか確認されたら、

虫垂孔の写真が確認できなかったら、

そのクリニックは止めた方が無難ということです。






閲覧数:1,211回0件のコメント

最新記事

すべて表示

危険!警告!不正!下剤を飲まない大腸内視鏡検査 プロポフォール名人をブッ飛ばせ!

最近、下剤を飲まない大腸内視鏡検査を行っていると書いているところが有ります。 この方法、実は非常に危険なうえに医療行為としては不適切であり保険で行うことは出来ません。 詳しく解説いたします。 大腸内視鏡検査の時に内服する下剤があります。腸を綺麗にして精度の高い検査を行うために欠か

恐怖!警告!【自称】内視鏡検査専門施設の乱立 プロポフォール名人をブッ飛ばせ

プロポフォール名人をブッ飛ばそう! プロポフォールを使えば誰でも名人と誤解させることが出来ます。 しかし、この薬は麻酔科医などが専任で状態を監視しないと使えない薬です。 それだけ危険なのですが、どうして使うのか。 誰でも深鎮静がかかるので苦痛がなくなるからです。 しかし、内視鏡の専門家なら大病院以外では使いません、使えません。 理由は書いた通りです。 スペシャリストの探し方はこちら 下剤を飲まない

Comments


bottom of page