• 院長

コロナを診ている医療者だけが頑張っている訳では有りません

新型コロナ感染がまだまだ猛威を振るっており心配は尽きませんね。

世の中は医療従事者、新型コロナに最前線で奮闘している人たちに

感謝しようという機運が有りますね。

では、コロナは診ないと謡っている病院やクリニックは何もしていないのでしょうか。

最近1週間でも何人もの患者さんに大腸がんを発見しました。

症状のない感染者がいる以上感染と戦うのは何も変わりません。

それでも癌は待ってくれません。

放置すれば死亡率100%の病気なのです。

コロナの流行の陰で見逃されている癌が有ります。

それ以外の重篤な疾患も昔と変わらず存在するのです。

コロナを診ないと謡っているところは他の患者さんに感染させないように

しているだけで、何もしていない訳では有りません。

無症状の感染者がいる以上感染症対策は常に求められるのです。

内視鏡の専門家として出来ることは早期発見、早期治療に努め、癌を始めとする

疾患から皆さんの命を守ることです、感染対策を万全にして。

それが私の使命です。

感染症と戦いながら患者さんのために全力を尽くしているのは何も

変わらないのです。

#病気の話

最新記事

すべて表示

新型コロナー大腸内視鏡は安全!?

内視鏡学会の提言でも書かれていますが、内視鏡診療でコロナに感染した例は報告が見られません。だからといって感染対策を疎かにすることは勿論出来ませんが。 胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)ではより慎重に当院でも様々な工夫を行って感染予防を行っているところです。 さて、大腸内視鏡検査に関

内視鏡学会からの提言ー徐々に解除しています

前回も内視鏡学会からの提言を示しましたが、今回アップデートされてましたのでそれについて書いて参ります。 結論から申しますと、前回よりさらに踏み込んで緊急事態宣言の期間、場所においては延期を勧めるとし、検査をするなら飛沫、接触感染を防止したうえで、さらに強力なN95マスクを用いて検

新型コロナに絶対にかからない方法

新型コロナはまだまだ先の長い戦いとなりそうですね。 相手のことを知らなければ戦いようが有りません。 患者さん全員に「新型コロナに絶対かからない方法」というパンフレットを配布しています。 今の状況、コロナの特徴、最新の研究から分かっていることなどを書いてお渡ししてています。